汗拭きに便利な手ぬぐいの魅力と使い方。登山には手ぬぐい!

手ぬぐい

 

登山やアウトドアで活動する際、汗を拭く為のアイテムとして手ぬぐいはとても便利です。

手ぬぐいは軽量で持ち運びが簡単でありながら、汗を拭くだけでは無く日焼や冷えから体を

守ってくれます。

そんな手ぬぐいを、もっと多くの人に使って欲しいと思い、手ぬぐいの魅力や使い方について

詳しくご紹介します。

 

手ぬぐいの魅力

 様々なデザインや素材があるので、自分好みの物を選ぶことが出来るし、使い方も色々と

 あるので、とても便利なアイテムなのです。

 また速乾性や吸水性に優れているので、汗を拭いたあとも直ぐに乾くという利点があります。

 手ぬぐいは主に綿素材で作られていて、天然素材だから肌触りが優しくて肌の弱い方でも使う

 事が出来ます。

 

手ぬぐいの使い方

 手ぬぐいは、汗を拭くだけでは無く、色々な使い方が出来るのですよ。

 例えば首に巻けば、日焼け防止になるし寒い時は冷たい風から首を守ります。

 さらに暑い夏は、手ぬぐいを水に濡らして、首や顔を冷やす事も出来ます。

 濡らしても、上に書いたように速乾性があるので、ザックのどこかへ引っ掛けておけば

 歩いている内に乾いてしまいます。

 また何かで濡れたり汚れたりしたアイテムを、拭いたり包んだりすることも出来ますね

 そして、もし靴擦れを起こしてしまったら、靴の中に入れてクッション材にすることも

 出来ちゃいますよ。

 

 

手ぬぐいの選び方

 手ぬぐいと言われて直ぐに思い浮かべるのは、お年寄りが首や頭に使っている綿素材の物

 だと思います。

 綿素材の物は吸水性は有っても速乾性が無いから、登山には不向きな素材であるとウェアに

 ついての記事ではお話ししましたが、手ぬぐいは薄地で織り目もあまり細かく無いので、かな

 り早く乾きます。

 また着る物では無いので、手ぬぐいに関しては綿素材であっても何も問題はありません。^^

 

 

おすすめの手ぬぐい

上の物は、綿100%です。

   手ぬぐいと言えば、端っこが切りっぱなしになっていて、糸がほつれてピロピロという

   イメージがあると思いますが、この手ぬぐいは端っこが縫われていて、ほつれない加工を

   している物と、従来の切りっぱなしの物とが好みで選べるようになっています。

   柄も色々あって、男性でも女性でも使えますね。

   私は、ウェアの色に合わせて8枚ほど持っていますよ。

   その日の気分に合わせたり、ウェアに合わせたりと手ぬぐい選びも登山前の楽しい時間です

 

 

名前からして『スポーツ手ぬぐい』

 名前の通り、スポーツをする時に最適な吸汗速乾に優れた、バンブーレーヨンという素材が

 使われています。

 バンブーとは、竹を素材にした合成繊維で、レーヨンと言うのは木材の中の天然繊維を溶かし

 て合成したものなので、バンブーレーヨンとは天然素材ということになります。

  (合成する時には化学薬品が使用されています)

 竹が持っている、抗菌・消臭効果が有ると言われています。

 

 

セイムタオルも手ぬぐいかな?^^

 手ぬぐいの部類に入れて良いかどうかは??だったのですが、圧倒的な吸水性と速乾性があるの

 で取り上げてみました。

 車をお持ちの方は、洗車をした後の拭き上げに使う事があると思うセイムタオルです。

 吸水性・速乾性・耐久性・ほつれない。など他の手ぬぐいには無い特徴を持っていますが、肌触

 りを考えると、好みは大きく分かれしまうと思います。

 どうしても、車を拭くタオルというイメージが拭えない私です。(^^;)

  

手ぬぐいの洗濯は

  使ったら必ず洗濯しましょう。

  当たり前でしょう?! と思われるかも知れませんが、手ぬぐいは小さくなるのでズボンの

  ポケットに入れっぱなしにしたり、ザックのポケットの入れっぱなしだったりで、次の山行

  で「あ!」って気が付く事が良くあるようです。^^

  私の主人が良くやってますが、私が洗濯を干す時に無くて気が付くと言う訳です。

  汗を拭いたり体に着けることがあるので、必ず洗濯をして清潔に保ちましょう。

  ズボンやウェアのポケットに入れて置いただけで使って無いからいいやぁ、と言うのはNG

  ですよぉ。

  何故かと言うと、ズボンやウェアは吸汗や透湿素材のものを着ていていますよね。

  だからポケットの中も、体から出た蒸気が通過します。

  つまり、目に見えなくても湿って無くても、汚れているという訳なんです。

洗濯する時の注意点

  素材によって洗濯方法や使う洗剤が変わる為、洗濯する際は洗濯表示を必ず確認しましょう。

  綿素材なら普段使っている洗剤で洗っても大丈夫ですが、柔軟剤を使うと吸水性が落ちるので

  使わない方が良いと思います。(吸水性が落ちない物ならOK)

  また端っこがほつれ止めで縫ってある物でも、繰り返す洗濯でほつれて来てしまうので、少し

  でもほつれを少なくする為に、小さめの洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。

  下着用などの小さい物の方が、中で動き回らないから良いです。

      また色落ちする事もあるので、初めて洗う時は手ぬぐいだけを手洗いしてみた方が良いと

  思います。

 

まとめ

  手ぬぐいは、登山やアウトドアでの活動に欠かせないアイテムです。

  それは軽量で持ち運びが楽だし、吸汗速乾性に優れているからです。

  また、汗を拭くだけでなく首に巻いて日焼け防止にしたり、寒さ対策にしたり帽子の代わりに

  頭に被ったり、おでこに巻けば汗が目に入るのを防ぎます。

  汗っかきの私は、汗が目に入って痛い思いを良くするので、おでこに巻くという使い方を良く

  しています。

  可愛い柄の手ぬぐいや、カッコイイ柄の手ぬぐいなら、おでこに巻いても違和感は全く無くて

  とても良いと思っています。

  まだ手ぬぐいを使った事が無いかたは、ぜひ使って欲しいと思います。(^^)

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました