熊鈴を着ける理由と選び方!熊に遭遇した時の対処方法を知ろう

熊鈴

 

山で遭遇して怖いもの、それは熊ですね。

最近では、住宅の近くまで降りて来ているくらいなので、山の中のどこで遭遇しても

不思議では無い状態です。

登山口に、『熊出没注意』とか『目撃情報◌月◌日』なども書かれています。

目撃情報が新しい場所には、まだ近くに熊がいる可能性が高いので入らない方が安全です。

でも山には熊がいるものだし、熊がいるから山へ入れないというのでは、登山が出来ないですね

そこで、熊に「人間がここに居るよ」と知らせる手段として、熊鈴を着けるのです。

熊は臆病なので、人間の気配がしたら近寄りません。

なのでお友達とお喋りしたり、ラジオを鳴らしたり、熊鈴を鳴らす対策が必要という訳です。

今回は、こんな熊や熊鈴の話しから熊除けスプレーなど、また熊に遭遇してしまったらどうする

などまで解説します。

ぜひ最後まで読んで、頭に入れておいて頂きたいと思います。

 

 

熊鈴って必要?

 熊鈴って、どうしてつけるのかを理解し、選び方や使い方などを見ていきましょう。

熊鈴を着ける理由とは

 熊だけでなく山の中の動物は、人間が怖いのです。

 怖いから、遭遇してしまった時には、自分を守る為に攻撃してきます。

 だから人間の方が『ここに人間がいるよ。近づくなよ』と知らせるために

 熊鈴を着けるのです。

 そういう理由なので、熊鈴で無くても良いです。

 例えば、ラジオを持参して常に音を発しているとか

 数人で歩く時は、少し大きめの声でお喋りするとか・・・・

   ラジオを使う時の注意点・・・自分の耳に近い所へは着けないこと。

           周りの音が聞こえづらくなり危険察知が出来なくなるからです。

 人間の存在を、山の中の動物に知らせる

 これが熊鈴を着ける理由です。

 

熊鈴は、大きく分けて2種類がある

 ①丸い形状で、中に玉状の物が入っていて、鈴の中を動く事で音が出るタイプ。

 ②カウベルのように下が開いていて、中に付いている棒状の物が揺れて音を出すタイプ

 

 

熊鈴の選び方は

 ★余り重く無いもの

 ★余り軽すぎないもの

 ★取り外しがし易いもの

 ★大きさ

 ★デザインが好みのもの

 ★消音効果があるもの

 ★音色

などを色々と見て、好みで選ぶと良いでしょう。

 

重すぎないもの。軽すぎないもの。

 ザックが重いと疲れやすいので、付属品まで重いのは辛い時があります。

 逆に軽すぎるものは、歩く動きに合わせて振り回されるように動き回るので

 しっかり鳴らなかったり、ザックに引っかかってしまったりで鳴らなくなることもあります。

 

取り外しがし易いもの

 冒頭で書いたように、熊鈴を着ける理由は動物に人間の存在を知らせることです。

 なので団体行動する時や、人気の山で常に人が行き交う場所で、熊鈴は必要ありせん。

 また、色々な人がリンリン鳴らしていると、うるさく感じてしまう事もあります。

 それは、音には好みがあるからです。

 さらに、山小屋へ寄った時は熊鈴は全く必要が無いうえに、小屋の中は音が響くので

 休んでいる人には迷惑をかける事にもなります。

 山小屋で鈴を鳴らすのはマナー違反でもあるので絶対にやらないでください。

 こういった理由から、サッと取り外しが出来るもが良いと言う訳です。

 

大きさ

 これも好みの問題ですけど、大きければ重くなるのは当然のことですね。

 また、1個が大きく無くても何個も付いているようなデザインの物は

 木の枝や草に引っかかり易いので、草や枝を傷つけたり鈴自体を壊して

 しまうこともあります。

 さらに、大きなものは鳴りにくいと感じます。

 丸い形状の物は良いのですが、カウベル型の物は中の棒が大きく動かないと

 ぶつからないからです。

 

デザインが好みのもを

 登山では、ファッションやザックなども好みのもので揃えますよね。

 熊鈴だけ不釣り合いなデザインだと、気分が下がってしまいます。

 「これ可愛いよねぇ」  「これカッコイイよなぁ」

 そんなものを選んで、装備の一部に溶け込ませるのも良いのではないでしょうか。

 

消音効果がある物

 熊鈴には、消音効果が備わっている物もあります。

 人が多い山頂や、鳴らしてはいけない山小屋などで、いちいち熊鈴を外さなくても

 音を消す事が出来るものは便利です。

 ただ、私が買った物が悪かったのかも知れませんが・・・・

 登山道を歩いているいる時に、引っかかって鳴らなくなったことがあります。

 消音効果の仕組みを良く見て、勝手に引っかからないものを選びましょう。

 

音色

 カウベルタイプの物は、低音のものが多いです。

 円柱形のものなどは、高めの音のものも有ります。

 鳴り方は、リンリンという感じです。

 また丸い形状の物は、子供のおもちゃにあるような可愛らしい音がします。

 鳴り方は、ジャラジャラと言う感じです。

 丸い中を自由に動き回るので、少しの動きでも良く鳴るように感じます。

 

熊鈴以外の対策方法は

 熊鈴を慣らしていても、運悪く熊に遭遇してしまうこともあります。

 そんな時のために、熊撃退スプレーを持っているのが良いでしょう。

 少し高価なものですが、命を守る為のものなので。

 また下の商品は、ホルダーが付いているので直ぐに取り出せる場所に収納出来て

 良いと思います。

 とっさの時に、ザックを下して・・・なんて余裕は無いですからね。

 

 

登山中、熊に遭遇してしまったら

  以前にもご紹介しましたが、登山の色々を発信している『山おかめ』さんのブログで

  熊について、とても詳しく書かれているので、読んで頂きたいと思います。

  内容は、熊の種類・生息地・行動範囲・サイズ・食べ物 などや対処方法

  なども書かれています。

 

山へ入る前にチェックする項目と行動

登山口には、『クマ出没注意』と書かれた張り紙がなどが目につきます。

しっかりした作りの看板で出来ている物は、「この山では良く熊が出没するよ」という

注意喚起ですが、それよりもしっかり見て欲しいのは、貼り紙の方です。

この張り紙には、「◌月◌日に目撃情報がありました」という最新の情報が

書かれているからです。

もしその日付が、1カ月以内の物だったら、その山へは入らない方が安全だと思います。

まだ熊は、近くをうろついている可能性が高いからです。

更に、『クマ出没注意』のある山へは、1人で入らないことをおすすめします。

もし熊と遭遇してしまい、怪我をした時に助けを呼ぶことも出来ないからです。

そして、真新しい熊の足跡や新しい糞を発見した場合は、直ぐに下山してください。

 

熊に遭遇した時、とるべき行動は?

絶対に騒がないこと。

「キャーッ!熊だ!どうしよう!こっちに来ないで!」などと大声を出したり

手や物を動かして追い払おうとする事は、絶対にやってはいけません。

熊は臆病です。

コチラが騒ぐと熊はビックリして、身を守ろうとして襲いかかってきます。

また、熊は走るものを追いかける習性があります。

「熊だ!」と慌てて背中を見せて走り出すこともしてはいけません。

走ったら追いかけて来る という事を忘れないでください。

熊は、とても早く走ります。

走って逃げても、直ぐに追いつかれてしまって、逃げ切る事は出来ません。

 

では、熊に遭遇してしまった時はどうすればよいの?

 熊の目をジッと見ていてください。

 動物は、目を合わせてどちらが強いかを判断します。

 強い気持ちで、ジッと目をそらさずに見ていましょう。

 そして、しばらくしても熊に動く気配が無かったら、熊の目を見続けながら

 静かに、ゆっくり、そ~と、後ずさりして熊との距離を離しましょう。

 上でご紹介した『熊撃退スプレー』があったら、熊に向けて噴霧すると良いです。

 どんな動きをする時も、静かにゆっくり行ってください!

 この時、自分の鼻や口や出来れば顔の多くをタオルなどで覆ってくださいね。

 このスプレーは強力なので、風向きによって自分に掛かってしまった場合は

 酷い被害を受けてしまうからです。

 

熊との距離が50m以上離れたら、帽子や手袋などを谷側に投げて、熊の気をそちらへ

向けるという方法もあります。

しかし、恐怖のあまり上手く投げられず、自分の近くに落ちてしまったら・・・・><;

なので、この方法は私としては止めた方が良いと考えています

投げるなら、熊から目をそらさずに静かにしゃがんで、足元にある石を投げる方が良い

のではないか?と思います。

 

また、熊は食べ物の匂いに敏感です。

ザックの中に食べ物が入っていると、その匂いを嗅ぎつけます。

だから、ザックを静かに下ろして置いて、そのまま後ずさりをするという方法もあります

ただし、この場合は熊がザックを触ったら熊がいなくなったとしても、絶対にザックを取りに

戻らないでください!

熊は、自分の匂いが付いた物は自分の物だと認識します。

なので、それをあなたが持ち去ったら、必ず取り返しに来ます、どこまでも

下山して警察に届け出て、その時にザックを置いてきたこと、中には大事な物が

入っている事などを伝えてください。

伝えたらどうなるか・・・までは情報が無くて分かりませんが、熊と遭遇してザックを

置いて来たあなたに出来ることは、これだけです。

 

もし熊が襲ってきたら?

ストックで顔を突くなどの応戦をしてみましょう。

目や鼻などに上手く当たれば、もしかしたら逃げて行くかも知れません。

でも更に襲って来て、命の危険を感じたら地面にうつぶせになってください。

手で後頭部や首を覆って、お腹を地面に着けて守ることで、一命を取り留める事が

出来るかも知れません。

熊がザックに食いついて引っ張ったら、抵抗せずに渡してしまいましょう。

その時も、うつ伏せの体制は崩さないでください。

その時、かなり熊に引っかかれたり食いつかれたり、弄り回されると思います。

でも、この時に考える事は『命を守る事』だた1つです。

頑張って耐えてください。

再度お伝えしますが、この方法は最終手段です

絶対に熊から逃げる事が出来ない状況になってしまった場合に、行う行動です。

熊が目の前に居たから・・・と言って直ぐにうつ伏せになることはしないでくださいね

上に書いた対処法を行っても、ダメだった時の最終手段ですから。

とは言え、何よりも熊と遭遇しないのが1番なので、お喋りしながら歩いたり

熊鈴を慣らしたりして『人間がここに居るよ。近づくなよ』と知らせましょう

 

熊鈴のおすすめは

 私の私感で選ばせて頂きました。(^^)

これはベルクロでザックに装着するタイプです。

鈴に近い所のベルクロには、磁石が入っているので音を鳴らしたく無い時にサッと対応出来ます

鈴の色やベルトの柄も色々あるので、好みのものが見つかる事でしょう。

 

これは、日本山岳ガイド協会公認ガイドの橋谷晃さん推奨の熊鈴です。

真鍮なので高音で遠くまで良く響きます。

また動物は、高音域に敏感なので反応しやすいと言う訳です。

ベルト部に反射材が使用されているので、暗い山の中でも視認性が良いです。

ホイッスルやカラビナも付いているので、まだ持って無い方には良いと思います。

また初期不良だけでなく、その他の不具合でも保証が最大180日ついているのも安心ですね。

 

こちらは、消音するのが超簡単ということで選びました。

ベルト部分に磁石が付いているので、ベル部分を上に上げればOKなんです。

またカラビナが大きめなので、ザックに付いている太めのベルトにも装着が可能。

着ける場所を選びません。

 

私の私感ですが、丸い鈴の方がザックのどこに付けても音が鳴り易いと感じます。

消音機能は付いて無いのですが、取り外ししやすいカラビナが付いているので良いと思います。

口コミでは、綺麗な高音で音がかなり大きいと書いてありました。

私も山の中でコレと同じような物を着けている人に合った事がありますが

シャンシャンと良い音が、かなり遠くから聞こえて来ました。

 

まとめ

 自分好みの熊鈴は見つかりましたか?

 上にも書いたように、ラジオは周りの音を察知しにくくなるので

 使う場合は、顔から離れた場所など装着する場所を選んでください。

 また熊が多く出没している地域へ行く場合は、撃退スプレーの持参をおすすめします。

 さらに北海道などでは、食べ物の匂いで熊を寄せ付けてしまうからと、行動中の食べ物を

 禁止している地域もあるようですので、出かける前にはしっかり調べておきましょう。

 

 中間に書いた『熊に遭遇した時は』という部分も、しっかり読んで頂きたいと思います。

 知識が有る事で、とっさの時にも正しい判断と行動が取れるので、出来れば何回も読んで

 頭の中に入れておいてくださいね。

 それよりも、まずは熊に遭遇しない事が1番ですからね。

 熊鈴を付けて、人間の存在を熊や他の動物にも知らせながら歩きましょう。

 また熊鈴のマナー(鳴らしてはいけない場所や状況)を守って、皆が快適な登山を楽しめる

 ようにしましょう。(^^)

   クリック➡『マイルート 熊鈴』 『最怖 鬼鈴

 

 

 

 

 

コメント

  1. Kei より:

    こんばんは☆
    おおっ!僕は橋谷さん推奨の熊鈴に近いものを使ってますよ♪
    消音ストッパーは無いですけど靴下に入れて消音してます(それ用の靴下)
    玉型の鈴だと遠くまで響かないですよね。下が開いてるベルは鳴りやすいし響くので良いと思います。

    北海道の知床五湖ハイキングコースを歩く前にセンターで指導員さんにとにかく食べ物のにおいはさせちゃダメと言われました。
    水のある場所は特に熊と出くわす可能性が高いので、休憩は水の無いところのほうが良いみたいです。
    熊撃退スプレー、持ってないので買ってみます。持っていても、まずは慌てず動かず、熊の目を見るのが良いんですね。

    • harupy より:

      こんにちは。
      熊ベル消音の為に靴下ですか
      考えた事もありませんでした。^^;

      私は、カラビナで着けているので外してポケットinです。^^

      玉型の鈴でも、大きさによると思いますよ。
      私が、気配も感じない位に遠くから聞こえた鈴の音は
      玉型が多かったです。
      静かに歩いているだけでも、良く鳴っていました。

      私はカウベル型を使っていますが
      中の棒が大きく揺れないと鳴らないので
      今までに色々と着ける場所を替えてみましたが
      主人の玉形が鳴ってるのに、私のは鳴らないという事が多いです。

      北海道は、特に熊が多いですからね。
      最近は、本州でも里に近い所まで降りて来ているから
      気をつけなければ、ですね。

      先日入った情報では、やはり熊撃退スプレーが1番効果が高かったようです。
      ただし50m位まで接近しないと届かないらしいですけど。
      また1本では、逃げて行か無かった例もあるようです。

      そして熊撃退スプレーは、必ず手の届く所(ウエストベルトなど)に
      着けておかなければ使えないという事でした。

      これから熊が活動する時期にはいるので
      お互いに十分気をつけたいですね。^^

タイトルとURLをコピーしました