登山靴はメンテナンスで長く使える!手入れ方法とおすすめ商品

登山靴

   登山靴は、登山の安全性のために欠かせないアイテムです。

   でも登山靴で歩く道は、過酷な条件の所が多いですね。

   だから、適切な手入れをしないと劣化が進み、本来持っている性能も

   落ちてしまいます。

   そこで今回は、登山靴を長持ちさせるための手入れ方法や

   おすすめ品などを、ご紹介します。

 

登山靴の手入れが必要な理由

 主な理由は、大きく分けて2つあります。

   1,より長く登山靴を使用できる。

   2,登山靴の破損に気づくことが出来る

詳しく見てみましょう。

 

 1,より長く登山靴を使用できる

  靴のソールに使用されているポリウレタン樹脂は、何もしないで置いておくだけでも

  空気中の水分などで劣化が進みます。

  その劣化スピードは、メンテナンスと保管場所に気をつけることで遅らせる事ができます。

 

 2,登山靴の破損に気づくことが出来る

  メンテナンスする時は、登山靴を触るし良く見ますよね。

  すると、ソールがすり減っている、アッパーとソールの結合部分が剥がれている、

  アッパーに傷がある、靴紐が傷んでる・・・等々に気が付く事ができます。

もし登山中に下のような事が起こったら、困るし危険ですよね。

   登山をしている途中で靴底が剥がれてしまった・・・

   雨が降った時や川を渡る時に浸水してきた・・・

   靴ひもを結び直そうとしたら、切れてしまった・・・・・

このような事は、日々の手入れをしている中でチェックしていく項目なのです。

 

登山靴って洗えるの?

   登山靴は洗えます! 

 私が登山を始めた頃は、登山靴は洗えない物と言われていました。

 だから靴底の土を落として、アッパーにブラシをかけて汚れを落とすだけ

 という手入れ方法でした。

 でも登山靴は日々進化しています。

 子供が履くスニーカーのようにジャブジャブ洗う事は出来ませんが

 正しい方法で行えば、外側だけでなく内側も洗う事が出来るんですよ。(^^)

 

登山靴を洗う手順

 1,インソールを外す

  靴を脱いだら1番にしておきたいのが『インソールを外す』ということです。

  マイカーで出かけた人は、車に戻って靴を脱いだら直ぐにインソールを外しましょう。

  インソールは、1日履いて足から出た汗を吸い込んでいます。

  そのままにしていると、湿気が靴の中に広がってしまうからです。

  靴のアッパーは、吸湿放湿機能が備わっていますが、靴の底に貯まった湿気は

  靴底のゴムを通して外に排出される事はありません。

  インソールと靴底の間に溜まってしまうのです。

  外したインソールは、靴の中に踵を下にして立てて入れておくと良いでしょう。

  これは、テント泊でも小屋泊でも同じことです。

 

 2,靴紐を外す

  靴ひもを外した事が無い人や外した回数が少ない人は

  外す前に写真を撮っておくのが良いですね。

  どのように紐が通されていたか判らなくならない為に、目に見える形で残しておきましょう。

  靴紐の下などは、かなりホコリが溜まっていますよ。

   土埃  落葉の中を歩く事での葉っぱのかけら  ぬかるんだ所を歩いた時の泥 等々

 

3,靴底の泥を落とす

  靴底の土や泥は、登山口を出た所で、ある程度は落としてください。

  何で

   山の土中には、その山の種や微生物や動物が持っていた病原菌などが付いているからです。

   それらを付けたまま歩き回ると、アチコチの植生に影響を及ぼしてしまいます。

   また病原菌を広めてしまうと、ペットや人間へ影響が出てしまう事もあります。

    公共機関を使う人は、電車やバスの車内を汚さない為にも、綺麗に落としてから

       乗りましょう。

  人気のある登山口付近のトイレや駅の入り口には、靴底を洗う場所が設けてある所も。

  そういう場所があったら、その場所で綺麗にしましょう。

 靴を洗う準備としては、先に土や泥を落としておかないと、他を洗う時に付いた水などが

 靴底に回って泥水となり、靴全体を汚してしまうからです。

 

4,ブラシをかける。

 大まかなホコリや土汚れを落とすために、ブラッシングします。

 この時に絶対にしてはいけないこと!

   強く擦ること

登山靴のアッパーには、撥水加工・吸湿放湿機能などが備わっています。

ゴシゴシ擦ってしまうと、これらの加工が取れてしまうし、素材を痛めてしまうからです。

使うブラシは靴用の物であれば何でも良いのですが、ブラシ部分は柔らかい物が良いです。

こんなブラシがあると、アッパーの素材を選ばずに使えるし、革靴などにクリームを延ばす時にも使えます。

 

5,水洗い・・・靴の外側

  ブラシで落ちない汚れや、酷い土ホコリの中を歩いた時などは

  水で洗い流すことをおすすめします。

  私は、いつもアッパーから靴底まで水洗いしています。(^^)

  この時に、靴の中側へは水が入らないように気をつけましょう。

  中側は、あまり濡らしてしまうと乾きにくいからです。

  「あっ!入っちゃったぁ」くらいは全然大丈夫ですよ。(^^)

  アッパーを洗う時は、柔らかいスポンジを使いましょう。

  手に収まる位に小さめの方が、紐通しの周りなど細かい所も洗いやすいです。

  ヌバックの場合は、素材を痛めない為に専用のブラシを使うのが良いと思います。

  ソール部分は、靴洗い用の硬いブラシが良いです。

  登山靴のソールは、溝が深いので、柔らかいブラシだと溝の底まで届き難いし

      掻きだし難いです。

  また靴洗い用のブラシは、持ち手側の端っこがヘラのようになっているので

  溝に挟まった小石を掻きだすのにも便利です。

  ソールの溝は、メーカーや靴に寄って様々な形状をしています。

  靴洗い用ではイマイチやり難いって感じた時は、ヘッドが小さい歯ブラシを使うのも

      おすすめです。

  日本の土壌は、どこでも大体が弱酸性なんです。

  土がソールに残っていると、劣化を速めてしまうので、しっかりと洗い流しましょう

 

 水洗い・・・靴の内側

   まず逆さにして靴をトントン叩きながら、中に入り込んだ小石や葉っぱや枝などの

   ゴミを出してしまいます。

   手で触って見て、ザラザラした汚れや酷く湿った感じ(汗など)が無ければ

   中のゴミを出すだけでも大丈夫です。

   もしホコリが入ったような感じや、湿った感じが有った場合には

   硬く絞った雑巾で拭くか(強く擦らない)、水で濡らして硬く絞ったスポンジを使って

   優しく擦るとかなりサッパリします。

   それでも汗臭さを感じた時は、除菌消臭スプレーをかけておくと良いですよ。

水洗い・・・中敷きと紐

  中敷きと紐も水洗いをしておきましょう。

  物によっては洗えない中敷きもあるので、洗濯表示を確認してくださいね。

  中敷きには、吸汗速乾機能が備わっているものもあるので、ウェア用洗剤

      使うと良いですね。

             ウェアは専用洗剤で・・・のところでご紹介しています。

  紐は、普段洗濯する時に使っている洗剤で大丈夫です。

  手の中で擦り洗いをしながら、痛んでいる所は無いか、切れそうな所は無いかの

  チェックもしておきましょう。

  水や洗剤をつけて洗えない場合は、硬く絞った雑巾で拭いて除菌スプレーをかければOKです。

 

洗った靴を干してしっかり乾かす

 靴は洗ったら、まず乾いたタオルで全体を拭いて、水分を良く吸い取っておきましょう。

 そのひと手間で、靴の乾燥時間がずっと早くなります。

 乾くのに時間が掛かり過ぎる=濡れた状態が長く続く ということなので

 素材に負担が掛かったり、形が変形してしまう場合もあるからです。

 干す場所は、風通しの良い日陰です。

 直射日光は、生地の劣化に繋がるからNGです。

 乾かす時は、乾いたタオルや新聞紙を中に入れて置くと早く乾きますよ。

 その日の湿度にもよりますが、1~2日かけて、しっかり乾かしましょう。

 

綺麗になった登山靴に防水スプレーを

  中も外も綺麗になった登山靴は、次回の山行に向けて防水・撥水スプレーをかけて

     おきましょう。

   ゴアテックス素材の物は、透湿機能を損なわない為に、専用のものを使ってください。

ゴアテックス素材かどうか分からない時は、ゴアテックス専用のものを使っておく方が

 安心ですね。(^^)

スプレー類は有害な物が多いので、必ず屋外で風上に立っておこなってください。

また、近くに植物や洗濯物が干して無いなど、場所に気をつけて使ってくださいね。

 

靴の保管場所はどこが良い?

  靴の手入れは、洗って乾かして防水スプレーをかけたら終わり・・・ではありません。

 登山靴に良く使われているポリウレタンは、湿度が高い環境だと劣化が早いという素材です。

 なので保管場所も、重要になってくると言う訳です。

 

 NGな場所

  購入した時の箱の中。

  ビニール袋の中。

  車に積みっぱなし。

  下駄箱の中。

  直射日光が当たる屋外。

これらは、全てNGな場所なんですよ。

なぜかと言うと、 高温多湿になる場所 だからです。

 

登山靴の保管に適した場所

  『風通しの良い室内』 がベストな保管場所です。

 玄関に出しっぱにして置く。   下駄箱下のスペースに置く。  

 他のギアが置いてある部屋へ置く。 などです。

家は玄関が北側で、冷たい空気と室内の温かい空気が触れる場所なので湿気が多いんです。

なので、ザックなど他のギアが置いてある部屋に、靴用のトレーを置いてそこに並べています。

私のは右から2番目だけ。(^^;)

私の靴だけ、すのこを使って湿気を避ける対策をしています。(^0^)

他の6足は、全て主人の物です。

山によって履き分けをしているんですよぉ。 (^^;)

 

保管して置く時の靴は

  靴紐や中敷きは、外したままにして置くのが良いです。

  紐を掛けたままにしておくと、折れ曲がってる場所にテンションがかかって

      痛みやすいからです。

  中敷きも外して置けば、湿気を吸って靴の中の湿度を上げてしまう、という事が

      無いですからね。

  我が家の靴は、週に1回使う物は洗って乾いた後、中敷きも紐も元通りにしています。

  滅多に履かない物の中敷きは、穴あきの袋(購入した時の物)に入れてます。

  靴紐は、レザーの物で長期に出番が無い場合は、キッチリ履き口まで締めて置いてます。

  そうする事で、型崩れしにくいそうですよ。

  レザーでは無い物は、紐を緩めに掛けて1番上は結ばない状態で、置いています。

  私の物は、今年で5年目? 6年目? で週に1回の登山で使っていますが

  まだまだ、使える状態です。

  流石に履き口のところは、少し擦れてしまっていますけどね。(トップ画像)

  上の写真で1番右のゴツイ物は、既に13年ものです。(^0^)

  ソールは、1度張り替えをしただけですが、未だに使おうと思えば使えます。

  私も全く同じ物を持っているのですが、ソールの張り替えを2回(3年おきに)したら

  足に合わなくなってしまって、張り替えたのにお蔵入りして今は飾り物になってます。

  ソールの張り替えは出来るものの、古い物を剥がす時に少し削る必要があるようで

  その微妙な違いで、合わなくなってしまう事もあると言う説明を受けていました。

 

まとめ

登山靴のメンテナンスについての話しは、いかがだったでしょうか?

 え~?!  とか  ドキッ  とかされた方もいるかもですね。^^ 

このように、適切なメンテナンスをしていれば、何年も使う事ができるのです。

 色々な山へ、一緒に苦労しながら歩いた相棒ですから、愛情をもってメンテナンスしてあげて

 いつまでも楽しい山行を共にしたいですね。

 レザーの物は、時々クリームを塗って栄養を与えていれば、ひび割れを起こす事も無いですよ。

 また、洗って乾かした後に撥水防水スプレーをしますが、出かける前にもスプレーしておくと

 更に強化されるので、おすすめです。(^^)

 それから上の商品画像は、クリックするとショップに入れます。

 気になった物があったら、クリックしてショップで見てくださいね。

 また、水洗いでは落ちない汚れは、下のクリーナーを使うと綺麗に落ちるので

 使って見てくださいね。(^^)/

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました