日帰り登山で東京都あきる野市の城山へ行って来ました。

城山

 

 

お昼から雨予報だったので、コースタイムが短い山へ行って来ました。

登山口は、無料駐車場からも、バス停からも近くて

下山後の楽しみである温泉も、『瀬音の湯』が直ぐ近くです。

さらに、低山な割に、展望がとても良い山頂だし

臼杵山などと縦走する事も出来ると言う、お得な山です。

 

登山口は、十里木交差点の直ぐ近く

無料駐車場 トイレ付
    十里木交差点の➡が駐車場  
    私のいる場所がバス停 
    登山口は坂を登った所

このようにアクセスが良い山です。

バスで来る場合は、JR武蔵五日市駅から都民の森行きなどのバスに乗り

降りたら、右の写真の場所です。

 

登り初めから急な登山道ですが、最初は綺麗な竹林に癒されます。

   倒れている竹が多いので注意です。

   竹林を抜けると、階段や根っこの段差が多い急登が続きます。

 

登り切って尾根に乗る

  この日は寒かったけど、急登を登っていると汗が流れて来るほど暑かったです。

  でも登り切った途端に冷たい風を感じて、鼻の頭が一気に冷たくなりました。

   尾根に乗るとススキの藪漕ぎ

  尾根に乗って直ぐの場所と、上の写真の2か所がススキに覆われている場所です。

  ススキが青々をしている時は、掻き分けないと道が見えないほどですが

  冬は枯れているので、道は明瞭です。

  ただ上の写真の場所は、急登で滑り易い土なので、登りはもちろんですが

  下りは特に注意が必要です。

  ススキを抜けると樹林帯にはいります。

  その中にも1か所、とても危険な場所があります。

  開けて展望が良い場所の先ですが、すごく急な傾斜で粘土質なので

  晴れて乾いていても、靴の引っ掻かかりが無くて滑るような道です。

  濡れてる時は、登れないんじゃ無い?って思う様な所で、隣に誰かが回った道が出来ていますが

  地主さんでしょうか?トラロープを張って、通れないようになっています。

  この場所を通過する時は、右側の草地を利用しながら慎重に歩いてください。

 

もう直ぐ山頂

その危険個所を通過したら、ホントに直ぐ山頂です。

まずはトイレの建物が見えてきますよ。

   右の建物がトイレ
   トイレ前の広場。綺麗に掃除されてます。

トイレ前の少し高くなっている所が山頂です。

左側に行く道も見えますが、丸太のベンチがあって展望が良い場所です。

山頂が混雑している時は、ココで休憩しても良さそうですね。

 

山頂到着

  ホントにあっという間に山頂に着きました。

  登山口から約30分です。

   晴れていれば都心のビル群も見えます
  標高454.1mという低さにしては
  展望が良いお得な山です。

山頂に着く前から雨が降り出していましたが、樹林帯なので体にはあまり当たっていませんでした。

でも山頂では、しっかり雨に濡れてしまいました。

でも今回は寒かったので、ウインドブレーカーでは無くソフトシェルを着ていました。

ソフトシェルは、撥水加工がしてあるので、小雨程度なら問題ないです。(^^)

 

下山開始

 今回は雨が降っていて、ベンチに座って休む事が出来なかったのですが

 こういった寒い時は、直接ベンチに座るとお尻から冷えてしまうので、山座布団を

 使う事をおすすめします。

 夏は薄地でも良いのですが、冬は少し厚めの方が良いですね。

下山を開始すると、急激にお腹が空いて来たので歩きながらパンを食べました。

直ぐに下山出来るから・・・とエネルギー補給をしないで歩くと『シャリバテ』を起こすので

歩きながらでも食べられるものを必ず持参してください。

パンみたいな主食でなくても、チョコレートやクッキーなどでもOKですよ。(^^)

私達はいつも、登りより下山の方が早いです。

経験上でルート取りができるので、段差があったり凸凹が有ったりしても

そこで歩くスピードを緩める事無く、歩き続けることが出来るからです。

ただし、膝が痛くならなければ・・・ですけどね。(^^;)

私が使っている膝サポーターは、ZAMSTのZK-PROTECTを使っています。

これを使い始めてから、全く痛みが出ないこともあるし、痛みが出たとしても

軽くて済んでいるので、膝痛に悩んでいる方にはゴリ推ししますよ。(^0^)

サイズ交換を無料で(送料もかかりません)行ってくれるので

公式ショップで購入する事をおすすめします。

雨には降られたものの、約1時間30分で往復してきました。

帰りは、直ぐ近くの瀬音の湯へ寄りました。

ここの泉質は、とても良くてグランプリを取ったほどなんですよ。

だから人気があって常に混んでいるのですが、今回は天気の悪さで

観光客も登山客も少なかったので、ガラガラで静かにゆったり入ることが出来ました。

登山の後の温泉は、汗を流すだけでは無く疲れた筋肉を解す効果もあるので

寄れる場所では、ぜひ温泉へ入って体を癒してくださいね。

 

花粉の季節到来

 登山者には特に辛い季節ですね。

 目の前を、黄色い煙り状の物が流れて行くのを何度も見ています。><;

 花粉症だからって、温かくなって行く芽吹きの春に登山をしないのは勿体ないですね。

 そんな時のために、早めに携帯空気清浄機の用意をしておく事をおすすめします。

 本格的な花粉の時期に入ると、直ぐに売り切れてしまうから、買うなら今ですよ。

首掛け式は色々あるけど、私が紐で首から下げるものを使って見て

登山には、ちょっと邪魔だなぁって思ったので、紐で下げないタイプの物を

あえてご紹介しました。

どっちにしても、空気清浄機が有ると無いとでは大きな違いが出ます。

花粉症の人には、ホントおすすめですよ。(^^)

 

まとめ

 気温が低い時は、山はもっと気温が低いという事を認識し、防寒対策をしっかりしたうえで

 空気が澄んでいて、遠くまで良く見える冬の季節にも、登山を楽しんで頂きたいと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました