登山にサングラスは必須!その理由は?山の紫外線は強いから | ハルのナビ通信     
※当サイトではアフリエイト広告を利用しております

登山にサングラスは必須!その理由は?山の紫外線は強いから!

サングラス
記事内に広告が含まれています。

登山にサングラスは必須アイテムです。

なぜなら、山は標高が高くて太陽に近くなるし山の空気は澄んでいるので、紫外線が届きやすくて

紫外線量を測定すると、タウンよりずっと多くなっているのです。

山の紫外線は強いって言われるのはそう言う理由で、だからサングラスを着けた方が良いというこ

とになるのです。

今回は、なぜ登山にサングラスが必要なのか?というところから、おすすめのサングラスまで詳し

く解説します

 

標高が上がると紫外線量が増える

標高が上がると、どのくらい紫外線量が増えるかと言うと、標高1000mでは10%増し・標高

2000mでは20%増し・標高3000mでは30%増し・標高3000m以上になると40%

増しになってしまいます。

全て『増し』ですからね、怖い数字ですよねぇ。

 

紫外線は目にどんなダメージを与える?

紫外線は、目にどんなダメージを与えると思いますか?

目の水晶体と角膜が紫外線を吸収してくれますが、吸収しきれなかった分は網膜まで到達してし

まい眼球全体にダメージを与えてしまう、ということになってしまうのです。

特に角膜は紫外線の影響を受けやすく、肌が日焼するのと同じように炎症を起こします

雪目という言葉は聞いた事があると思いますが、これは紫外線角膜炎を起こしている状態で

『目の日焼け』とも呼ばれています。

角膜が炎症を起こすと、目が充血する・乾燥する・異物感が出る・チカチカする等の症状が出て

来ます。

酷くなると涙が止まらなくなったり、目が開けていられなくなるんですよぉ!!

そして視力も低下して、周りが見えなくなってしまうのです。

こうなっては、安全に下山する事も難しくなってしまいますよね。

また紫外線によるダメージが蓄積されると、白内障のリスクが高くなったり、加齢黄斑変性症と

いう病気になる事もあります。

病気ではありませんが、目から紫外線が入ると脳が反応して肌にシミが出来るそうですよ。

日焼け止めを一生懸命に塗っているのに、気が付いたら顔や腕にシミが出来てたっていう経験は

ありませんか

シミが出るのは嫌ですよね。

美容のためにも、サングラスは着けた方が良いということです。

 

どんなサングラスが良い?

昔は黒に近い濃い色のサングラスが、紫外線を良く防ぐと言われていました。

それは黒色が紫外線を吸収してくれるからで、反対に白などの明るい色は紫外線を反射する防ぎ

方をしてくれます。

黒色が紫外線を吸収する力が強いなら、色が濃いサングラスが良いって思いますよね。

でも濃い色のサングラスを着けると、目は『暗い』と判断して瞳孔が開いてしまいます。

すつと余計に、紫外線が目の中に入り易くなってしまうのです。

今は無色でも紫外線カット効果がある眼鏡もありますから、あまり暗い物よりは薄めの色の方が

良いと思います。

でも、色だけで選んではダメですよ。

服の素材を見るように、サングラスにも選ぶ基準があるので、そこも解説します。

 

サングラスの選び方

チェック項目

紫外線透過率  

 紫外線透過率とは、文字通り紫外線を通す割合のことです。

 なので数値が低い程、紫外線を通し難いということになります。

可視光線透過率

 一方、可視光線透過率というのは、光を通す割合のことで数値が低いほど光が通らないという事

 になります。

 つまり可視光線透過率の数値が低いものは、暗く見えるということになります。

 暗いと瞳孔が開いて紫外線が通りやすくなってしまう、と上に書きましたね。

数値の選び方

 では、どんな数値だったら良いのかと言うと

 紫外線透過率が低く可視光線透過率は高い物の方が良いということになります。

 紫外線は通さなくて、瞳孔が大きく開かないように明るいものと言うことですね。

 

普通のサングラスと偏光レンズのサングラス

普通のサングラスには弱点がある

上にも書きましたが、眩しさや紫外線を防ごうとして濃い色のサングラスをかけると暗くて見え

難くなってしまうというところです。

サングラスをかけて車に乗って居る時、トンネルに入るとどうでしょう。

暗くて見え難くなってしまいますよね。

それと同じことが登山では、薄暗い樹林帯に入った時に起こります。

登山では樹林帯中を歩いたり、稜線など見晴らしが良くて日当たりの良いところを歩いたりする

ので、そのたびにサングラスを替えると言うのは、余りにも面倒です。

そこで登場するのが、偏光レンズというものなんです。

偏光レンズ

偏光レンズと言うのは、こういったサングラスの弱点をカバーするために作られたもので、特殊な

構造になっていて余分な光だけをカットします。

ギラギラした眩しい光だけでなく、紫外線も勿論カットしますよ。

だから濃い色のレンズの必要が無く、暗くならないから良く見えるという優れものなのです。

雪や路面からの照り返しも防げますよ。

 

おすすめのサングラス

目の為にサングラスが必要だという事は、判って頂けたと思います。

でも、いわゆるスポーツサングラスと言うのは、形や色がちょっとねぇって思いませんか

なので、ここではあえて普通の眼鏡みたいな形の物をご紹介しますね。

  クリック➡SWANS(スワンズ)オーバーグラス

そんなに暗い色では無いけれど、紫外線の透過率が1.0%以下 可視光線透過率16% とか

紫外線を99%カット 可視光線透過率10% などというものばかりです。^^

 

まとめ

登山には、1年を通してサングラスが必要で有る事を、判っていただけたでしょうか?

また単にサングラスと言っても、偏光レンズのサングラスの方が良いという事も。

目を紫外線から守って、病気や視力低下を起こさない為にも、サングラスは必要だと言う訳です。

サングラスと言っても、普通の眼鏡みたいなものも有るので、使い慣れて無いかたにも手に取り

易いと思います。

もっと気軽にサングラスを使って、目をしっかり守りながら登山を楽しみましょう!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました