登山用アイゼン3種類の特徴や使い方を徹底解説!

アイゼン

寒い季節に登山をする時、安全かつ効果的に移動するためには。適切な装備が欠かせません。

その中でもアイゼンは、雪や氷の上での歩行をサポートする重要な道具です。

今回は、登山用アイゼンの種類であるチェーンスパイク・軽アイゼン・前爪付きのアイゼンに

ついて詳しく解説します。

 

冬山登山に必要な装備、アイゼン

冬の登山道は、雪が無くても凍っている事が多いです。

その要因は、地面の水分が凍って出来る霜柱。

日中の日差しや気温の上昇で霜柱は溶けて、地面をグチャグチャって言うほど濡らします。

そして夜になって気温が下がると、その濡れた地面は凍る。。。。。を繰り返します。

登山道は日陰になっている事が多いので、1度凍った場所は中々乾かず氷が重なってツッルツル

になってしまい、まるでアイスリンクみたになる場所もあります。

そんな凍った登山道を安全に歩く為の道具がアイゼンなのです。

 

アイゼンとは

 凍った登山道や雪の上を安全に歩く為の装備です。

 金属製の刃が付いていて、それが氷や雪面に食い込むことで滑り難くなり、安全に歩くことが

 出来るというものです。

 

アイゼンの種類は、大きく分けて3つ

 前爪があるもの。   軽アイゼン   チェーンスパイク(チェーンアイゼン)

私は、この3種類を持っているので、それぞれご紹介します。

前爪がある10本爪のアイゼンです。
紐を靴に巻き付けて固定するタイプです。
裏側に付いたステーで長さ調節をします。
留め金具は無いので使う時に靴に合わせます。

軽アイゼンの中で6本爪のものです。
出番が多いタイプです。(画像は借り物です)
何年も使っているので擦れて剥げています。
ネジで靴の幅に合わせるので、事前に合わせて
おく必要があります。
またズレた時の為に六角レンチを一緒に持って
行く事も忘れずに。

チェーンスパイクです。真ん中に靴を入れて
履くような感じに引き上げれば装着完了。
他のアイゼンと比べると小さい爪が多く付いています。
ガチガチに凍った急斜面で無ければ十分に歩きやすい
です。

装着すると、こんな感じです。

アイゼンの特徴

前爪が有るタイプ

10本爪と12本爪があります。

踵部分の形状によっては雪山用の登山靴が必要な場合もありますが、私の持っている物は(画像)

どの靴でも使える物です。

里山に雪が積もった程度の状態では無く、本格的に深く雪が積もった山や雪の急斜面を登る時に

前の爪を斜面に蹴りこんで食い込ませ、足を安定させることが出来ます。

高山で岩稜帯を歩く場合は、12本爪の方が安全です。

靴底部分にそういう場所に適している、専用に工夫された爪が付いているからです。

でも、足が小さい方や筋力が弱い方(私とか)高山の岩稜帯へ行かない方は少し軽量な10本爪で

も十分役にたってくれますよ。

 

私は、5月の残雪期である燕岳へ行った時、日本三大急登と言われる合戦尾根を登る時に初めて

この10本爪アイゼンを使いましたが、問題なく安全に歩く事が出来ました。

ただ前爪が付いていることで、ズボンの裾に引っかけて破れてしまったり、岩稜帯では岩に引っ

掛けて転んでしまったり、着地する時にもう片方の前爪に引っ掛けてしまう、という事もあるので

雪が無い山へ行った時などに、装着して歩く練習をした方が良いですよ。

歩く時は、意識的に左右の足の間隔を開けてガリ股に歩きます。

男性は、こういう歩き方が直ぐ出来るかも知れませんが、女性は中々難しいと思うのでしっかり練

習してください。

上にも書きましたが、練習するのは雪の無い登山やお庭が有る方は土の場所が良いです。

それは、舗装された道路などでガチャガチャ歩いていると、爪の先の尖りが減ってしまうからです

尖りが減ったら当然、食い込みが悪くなりますよね。

長く使っているアイゼンの刃は、『研ぐ』という手入れをするくらいですから。^^

 

軽アイゼン

前爪が無くて、6本爪 4本爪 2本爪 があります。

2本爪は、土踏まずの所にしか爪が無いもので、高下駄を履いたのと同じ状態になってとても

歩き難いです。

雪や凍った所は無いと思うけど、一応持って行くか・・・程度の物だと考えてください。

役に立つとは言えないように私は思うので、普段使いとしてはお勧めしません。

 

4本爪も土踏まずの所だけに爪があるものでが、2本爪よりは安定してはいるものの、これも中途

半端な感じで用途は狭いと考えます。(念の為、常にザックに入れて置くには良いです)

 

軽アイゼンの中で1番ポピュラーな6本爪は、とても使い勝手の良いものです。

深く雪が積もったり岩がある急な斜面を登るので無ければ十分に活躍してくれます。

ガチガチに凍った斜面でも、フラットフッティングで歩ける場所なら大丈夫です。

6本爪=フラットフッティングの歩き方、コレはとても大事です。

フラットフッティングと言うのは、『山の歩き方』のところでご紹介しましたが

足の裏の全面を地面に着ける歩き方です。

靴底に装着したアイゼンは、凍った道に爪を突き刺して滑らないように歩く道具なので、この歩き

方をする必要があると言う訳なのです。

6本の爪全部を突き刺すことで、しっかり安定して歩けます。

使用する場面の目安としては、2000m以下の山となるでしょう。

 

チェーンスパイク(チェーンアイゼン)

靴底に当たる部品が無く、チェーンの部分に小さな爪が付いていて、履き口は伸縮性のある素材が

輪になっているので、装着方法は『履くだけ』という簡単さです。

また部品が少ないからとても軽量で、収納もコンパクトなので持ち運びが全く苦になりません。

爪の数は、11本から23本までと幅広くありますが、一般的なのは19本でしょうか。

爪が大きく無いので、凸凹した木の根っこや石がゴロゴロした所でも歩きやすいです。

ただ逆に爪が小さい分、食い込みは浅いので傾斜がある場所では役に立たないという残念なことも

あります。

 

私が初めてチェーンスパイクを使ったのは、部分的に傾斜がキツくて完全に凍っている場所でした

フラットフッティングで突き刺すように歩きましたが、氷を引っ掻きながらも滑ってしまいました

このように、チェーンスパイクは傾斜に弱いという弱点があります。

登山地図を見れば、傾斜がキツイのか緩いのかが判るので(等高線で)傾斜がキツイ場所の多い山

へ行く時は、6本爪の軽アイゼンの方が安全です。

でも1000m以下の里山や緩い道が多い登山道などでしたら、キツイ傾斜があっても部分的だと

思うし全面的に凍っているという個所も少ないと思うので、危険個所を避けて歩くなどの工夫をす

れば、軽量で装着が簡単なチェーンスパイクでも良いと思います。

 

タイプ別おすすめアイゼン

 前爪付き  軽アイゼン  チェーンスパイク  で、おすすのものをご紹介します

本格的な12本爪のアイゼンです。

登山靴のかかとに、コパと呼ばれるアイゼンの部品を引っ掛ける場所が無くても使えるように

プラチックハーネスになっています。

さらに、ベルトが緩み難いバックルになっているので、途中で緩んで来てベルトを締めなおす

というストレスが無くて良いと思います。

 

私が持っている物と同タイプの6本爪軽アイゼンです。

モンベル独自の形状で、履きやすく緩み難いのが特徴です。

 

こちらも6本爪ですが、ベルトが柔らかいので納しやすいです。

重さはモンベルの物と変わりは無いです。

 

19本爪のチェーンスパイクです。

日本山岳ガイド協会公認ガイドでネイチャリングスクール木風車の創設者である橋谷晃さん監修の

ものです。

チェーンスパイクで気になるのが、枝などに引っかかった場合は脱げやすいということですが

これを解消するために、ベルクロバンドが付いているという所が大きな特徴です。

 

まとめ

アイゼンについての話しは、いかがだったでしょうか?

冬山には、低山であっても必需品であると言う事がお分かり頂けましたか?

またアイゼンによって、使える場所が違うという事もご理解頂けたでしょうか?

冬山は、凍ってる所があって怖いから行かない!なんて言わないで、木々の葉が落ちて樹林帯でも

日差しが届きやすく、空気が澄んでいるので遠くまで見張らせるのが冬山です。

安全に楽しむための装備として、アイゼンをザックに入れてお出かけして頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました