日帰り登山に最適!手頃な価格のVAXPOTザックがおすすめ | ハルのナビ通信     
※当サイトではアフリエイト広告を利用しております

日帰り登山に最適!手頃な価格のVAXPOTザックがおすすめ

ザック
記事内に広告が含まれています。

日帰り登山なら、25ℓザックでも良いと思います。

25ℓあれば1泊小屋泊まで出来る大きさなので、山頂でご飯を作る時のアイテムを入れたり材料

を入れることも出来ます。

今回ご紹介する25ℓザック、VAXPOVA8300は品質が良いのに価格が手頃というコスパが良くて

魅力いっぱいのザックです。

初めてザックを購入しようと考えている方、日帰り用を買い換えようと考えている方には特におす

すめのザックなので、詳しく解説します。

 

日帰り登山に必要なザックの容量は

日帰りで、山頂でのご飯をお弁当やパンなどで済ませる方は、20ℓでも収まると思います。

でも20ℓザックの多くは『重たい物を入れない』『長時間歩かない』を前提に作られている

ように感じます。

ショルダーのクッションが薄かったり、ウエストハーネスが付いて無かったり、背中のクッション

も薄かったり・・・と言う物が多いですね。

なので最低でも25ℓ以上が良いと考えます。

 

VAXPOTのVA-8300の魅力

価格は手頃なのに、機能は優れていて妥協が無いというところです

「このメーカーのこういう機能が付いた、こういうスタイルのザックが欲しいんだ!」

そういった『こだわり』を持って無いのなら、価格は安い方が良いですよね。

でも「安いからこの程度でも仕方ないね」って妥協する事は、登山の快適性を損なうし嫌なので

そこは、しっかりチェックしていきましょう。

 

VAXPOTってどんなメーカー?

色々調べて見ましたが、出てこないんですよね。???です。^^;

ただ、スノボーからアウトドア用品などを広く扱っているメーカーだという事は判りました。

色々し調べて行くと、『こだわりの名品館EGS本舗』というのがVAXPOTメーカー直販の店舗と

なっているようです。

楽天にも店舗を出していて、怪しいお店では無いみたいなので安心して購入して良いと思います

(青文字クリックで見る事が出来ます)

 

VAXPOTのVA-8300の特徴

2気室になる

25ℓと言う小型と言えるザックなのに、中に付いているファスナーを閉めれば2気室になると

いうことに驚きました。

2気室と言うのは、ザックの中に仕切りがあって上から出し入れ出来る部屋と裾に付いているファ

スナーを開けるとそこにも小さな部屋がある、という物です。

これはテント泊や縦走などで荷物が多い時に、テントなどの汚れ物やアプローチシューズなどを他

の物と分けて入れるために使うものなんです。(家ではそう使っています)

日帰りでは、休憩する時の椅子や食事用のテーブルなどを入れられるし、ファスナーを開いて蓋を

開ければ、そこにはザックカバーが付いていて、そこに座ればレジャーシートの役割も果たすとい

うとても便利なザックだと思います。

ウエストハーネスにポケット付き

ウエストハーネス(ウエストベルト)にポケットが付いているのは、すっごく便利です。

飴・一口チョコ・直ぐに飲みたい薬・虫刺され用の薬・トイレ使用時に必要な小銭入れ等、すごく

重宝するポケットです。

ウエストハーネスの役割は、ザックが背中で揺れるのを抑える・腰でザックの重さを支える、とい

う働きをします。

なので、ポケットが無くてもウエストハーネスの有る物を選んで頂きたいと思います。

ショルダースタビライザーがある

ショルダースタビライザーと言うのは、ショルダーハーネスの肩部分に付いてる紐で、ザックを

身体に引き寄せる機能があります。

これは中型以上のザックには必ず必要な物ですが、小さいザックには付いて無い事の方が多いです。

ショルダースタビライザーがあることで、ザックが体の近い所に位置して重心が体から離れること

を防ぐので、バランスが良くなり歩き易くなると言う訳なのです。

軽いザックでは、その違いをあまり感じられないかも知れませんが、重いザックの時は「こ~んな

に違うの?!」って感じるほど重要な事です。

肩にかかる重さも感じ方が変わりますが、このショルダースタビライザーの調節にはポイントがあ

り紐を止めているバックルが、肩の1番高い所より少し胸側の位置にあるように調整するのが正し

くて、きっちり調整することでその機能を発揮するという訳です。

その理由は、引っ張り過ぎても緩すぎてもザックが背中にジャストフィットしないからです。

面倒~って思うかも知れませんが、その違いを感じたら付いて無い物が使えなくなるほどですよ

サイドコンプレッションが付いている

これはザックの横側に付いている、バックル付きの紐です。

中身が少ない時は締めて、多い時は緩めるとザックを大きく使えます。

またザックのサイドポケット(ネット状などの物)にストックを収納した時は、この紐で上側を押

さえる事が出来ます。

背面も機能的

背面の中央が背中に着かない仕様になっているので、汗をかいても空気の流れがあって蒸れを防ぎ

快適に歩く事ができます。

これには、背面の両側にある3Dメッシュフォームパットが関係していて、厚みがあってクッショ

ン性に優れているパットが付いているから、背中の真ん中がザックに着かなくても安定していると

いう訳です。

そして3Dエアメッシュ生地を使っているので、蒸れを防いで快適という訳です。

ザックの外側も機能的

ザックの外側には、ファスナー付きの大きなポケットとベルトが付いています。

ポケットやベルト等が付いていると、脱いだ服をサッと仕舞えたり取り出したり出来るので、とて

も便利です。

登山は、登っている時は暑くて汗が出るほどだけど、尾根に上がれば冷たい風が吹いて寒くなった

りと環境の変化が大きいので、その度に脱いだり着たりと調節する必要があります。

でも、ザックを下して蓋を開けて中から出して、蓋を閉めてザックを背負ってベルトを締めて・・・

をやっていると、タイムロスになったり歩くリズムが崩れますね。

それが嫌で、着たり脱いだりをしないで歩いているという人もいるようです。

ところが外側にポケットや留めるベルトが付いていると、ザックを下に置かないで片腕を外すだけ

で脱いだり着たり、またその服をしまったり出したりが出来ると言う訳なんです。

だから足を止めても1分も掛からずに歩き出せて、リズムが狂う事無く歩き続けられ、暑い!寒

い!が無く快適に歩くことが出来るのです。

またポケットの上部には、ファスナー付きの小さなポケットネット状の小さなポケット、そして

キーフックもついているので、だいじな物はココへ入れて置けば安心ですね。

まとめ

VAXPOTのVA-8300の特徴を理解して頂けたかと思います。

容量・機能性・品質・価格、どれをとっても有名なアウトドアブランドに負けない物だと思います

登山の『三種の神器』であるザックは、妥協せずに機能をしっかりチェックして購入し、快適な山

行をお楽しみくださいね。

ぜひ下のバナーをクリックして、ショップで確認して見てくださいね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました