必見!登山入門!登山は初めての人。登山の基礎知識を解説! | ハルのナビ通信     
※当サイトではアフリエイト広告を利用しております

必見!登山入門!登山は初めての人。登山の基礎知識を解説!

登山の基礎
記事内に広告が含まれています。

これから登山を始める人に、知っておくべき基本的な知識や情報を解説しています。

初めて登山に挑戦する方や興味を持っている方にとって、役立つ情報が詰まっている記事にして

あります。

登山は、車が入れない・店も無い・トイレも無い・野生動物がいる、という自然の中で自分の身体

だけを頼りに行うスポーツです。

携帯電話の電波も届かない所がほとんどなので、怪我をしないように・病気にならないように色々

な知識やアイテムも必要です。

まずは『登山ってどういうスポーツ?』というところから、解説していきますので最後まで読んで

頂きたいと思います。

 

登山の基礎知識を学ぼう

登山とは

 山の中を歩く事は同じだけど、登山 トレッキング ハイキング などと呼び方に違いがあるこ

 とはご存じでしょうか?

 明確な定義がある訳では無いのですが、それぞれに『主な目的が違う』と言うことで分けられて

 います。

登山

 目的が明確で、『山頂を目指す』ということです。

 そのために、長時間歩いたり険しい道を歩いたりします。

トレッキング

 登山とほぼ同じ行動をしますが、目的が『自然を満喫する』ということなので、必ずしも山頂に

 着く必要はありません。

 これから山歩きを始める方や、まだ始めたばかりの方は目的を山頂と決めずに、山の中の自然を

 十分に楽しむトレッキングから始めると、良いと思います。

 それは、目的を山頂と決めてしまうと、体力的キツくても天気が悪くなって来ても、目的に向か

 って歩きたい!という気持ちが強くなってしまって、怪我や事故に繋がってしまうからです。

ハイキング

 目的が自然の中を散策する事なので、必ずしも山に登る必要はありません。

 山の下の方を歩いたり、自然公園の中を歩いたりして自然と触れ合うことがハイキングです。

 整備された道を歩く事が多いので、特に装備が無くても小さい子供と一緒でも行えます。

自然の中で行うアクティビティ

 登山はもちろんですがトレッキングやハイキングも、自然の中に入っておこなうものです。

 安全にアクティビティを楽しむためには、それなりの知識を身につけることが大切です。

登山の基礎知識

ハイキングは、登山やトレッキングとは別物なので、ここでは省きます。

また登山とトレッキングは、目的が違うだけで同じ行動をするので、ここでは『登山』と言う言葉

を使って解説していきます。

基礎知識として必要なことは、登山の種類・山の危険性・登山のルールやマナー などがあるので

順に見ていきましょう。

登山の種類 

日帰り登山

 文字通り、出かけた日に登山をしてその日の内に家に帰って来るスタイルです。

 往復の移動時間も含まれるので、山の中を歩いて居られる時間に限りがあって、長時間を歩くこ

 とは出来ないので、コースタイムの短い山を選ぶことになります。

 持ち物は、食べ物・飲み物ともに、当日分+αを持てば良いのでザックは軽くて済みます。

 +αと書いたことは、『もしも』の事が起きた場合にも困らないように、当日に少し残る位の量

 を持って行く必要があると言うことです。

 『もしも』とは、怪我や道迷いなど想定外の事が起きた場合ということです。

テント泊登山(小屋泊)

 ザックにテントを入れて登り、山小屋or避難小屋のテント指定地にテントを張ってそこで寝泊り

 するというスタイルです。

 その日の内に下山しなくても良いので、奥深い山へ登ることが出来ます。

 また長距離を歩くので無ければ時間的にゆとりができるので、のんびり景色を楽しみながら登山

 を楽しむことも出来ます

 標高が高い山の中で見る星は、とても近くに見えるし空気が澄んでいるので、星たちがすごく綺

 麗に見えるし、手が届きそうなほどに近くに感じる幻想的な世界を堪能できます。

縦走登山

 1つの山頂だけを目指すのでは無く、2つ以上の山頂を目指して歩くスタイルです。

 コースタイムが短い山だったり、筋力があって歩くのが早い人だと日帰りでも行えます。

 標高が高い山の場合は、小屋泊もしくはテント泊をしながら1泊以上の日数を掛けて行います

 日帰りでは、絶対に行かれないような山へも行く事が出来ますよ。

雪山登山

 雪が積もっている山へ登ることで、低山から高山まで色々なスタイルがあります。

 低山でコースタイムが短くて、積雪も膝下位までなら日帰りが可能ですが、アイゼンやピッケル

 という道具や着る服なども、無雪期とは全く違うものを用意する必要があります。

 また技術や知識も必要になるので、登山初心者は高い山やコースタイムが長い雪山には入らない

 でください。

 雪山の練習をするなら、低山でコースタイムが短い山を選び、積雪量も膝下までとすることを守

 り同時に雪山登山に関する本などを読んで、知識を頭に入れておきましょう。

山の中の危険

山の危険性

 山は、街中と違って自然そのものです。

 水道やトイレも無いし、水場も合ったり無かったり、携帯電話の電波が届かない所も多いです。

 地主の方や『山の会』や『山小屋』など様々な方々が、登山道の整備をしてくださっている所が

 多いですが、それでも動物がいたり道が狭かったり滑りやすかったり、危険はどこにでも潜んで

 います。

特に危険なこと

 天候の変化・落石・滑落・遭難・熊との遭遇 などがあります。

天候の変化

 『山の天気は変わりやすい』という言葉を聞いたことがあると思います。

  低山では天気予報で「低気圧が近づいています」など言われている時以外には、あまり大きな

  変化はありませんが、標高1000mを超える山などでは『山ならではの天気』が存在します

  だから天気予報は街のものでは無く、登る山の天気予報を見る必要があります。

なぜ、山の天気は変わり易いのか❓

  複雑な地形と標高の高さから、平地とは違う気象状況が生まれるからです。

  山に向かって吹く風が山肌を駆け上るにつれて雲を形成されて水蒸気が多いと雨雲になります

  水蒸気量が多いと大雨になり少ないと小雨になるので、天気だけでなく湿度をチェックする事

  も大事です。

天気の変化による遭難事故

    ●大雨による沢の増水や土砂崩れ

    ●雷の発生による落雷事故

    ●霧による視界不良での道迷い

    ●突然の雨でレインウェアを着ている間に体が濡れて低体温症に。

    ●急に風が強くなったことで、木の枝が折れて落ちてきたり体を振られて足をすべらせる

落石

 落石の危険は、どの山にもあります。

 自然に崩落して来る場合が多いですが、上の方を歩いている登山者が何らかの理由で石を落とし

 てしまって起こる落石もあります。

 なので、山へ入る時はヘルメット被ることが推奨されているし、高山などではヘルメットが無け

 れば入山できない山もあります。

 また、もし事故などで救助されてもヘルメットを装着して無かった場合は、保険が下りない可能

 性もあったりします。

 人による落石も多いことを考えると、樹林帯ばかりで岩なんて無いから安全とは言えないですね

 ヘルメットは、用意しておくのが良いと思います。

滑落

 道から落ちてしまうことで、その原因は様々です。

 狭い道を踏み外したり、風に煽られてよろけてしまったり、他の登山者とすれ違う時にぶつか

 ってしまったり、不安定な登山道が崩れてしまったり・・・

 なので特に危険と思われる場面では、お喋りや写真を撮る事を止めて慎重に歩いてください。

遭難

 道が判らなくなって、正規の登山道に戻れ無くなってしまった場合や、怪我・病気などで行動

 不可能になってしまった場合は『遭難した』と言うことになります。

 遭難は、しっかりした準備と知識で防ぐことが出来ます。

 地図を持つ・薬を持つ・こうなった時はどうする等の知識を持つことが重要です。

熊との遭遇

 山の中は動物のテリトリーなので、動物と遭遇することは当たり前のことです。

 でも可愛い鹿やリス等だったら良いのですが、熊とは絶対に遭遇したくないですよね。

 山の中の動物の多くは、人間を怖がります。

 だから山に入る時は、熊鈴を持ったりお友達とお喋りしたりラジオを鳴らすなどして、人間が

 居ることを動物に知らせる必要があります。

 多くの場合は、人間の存在を知った動物は人間から離れて姿を見せません。

 でも人間も熊も、偶然に鉢合わせてしまう事があります。

 熊は臆病な生き物なので、もし熊を見ても大声で叫ぶことはしないでください。

 熊鈴の記事で、熊と遭遇した時はどうするかを詳しく解説しているので、その記事を読んで頂き

 たいと思いますが、基本は『熊の目をジッと睨みつけて、ゆっくり静かに後ずさりする』です。

登山をする際には、これらの危険性を十分に理解し、対策を講じることが大切です。

ゴミは捨てない

登山のルールやマナー

山には必ず持ち主がいます。

国であったり県であったり、個人の地主さんであったりと違いはありますが、他人の持ち物である

ことに変わりは無いです。

そして、山には『自然の成り立ち』があります。

  木があるから動物や鳥がいる。

  動物や鳥がいるから、草木が生まれ成長していかれる。

  土の中の微生物がいるから、木は根っこから栄養を吸い上げて成長する事が出来る

        等々です。

なので『山の中のルールやマナー』は、必ず守ってください。

ここでは、ゴミは持ち帰る・花や植物や木を傷つけない・他の登山者への配慮について解説します

ゴミは持ち帰る

 これは山に限った事では無いですけど、街中だったら「汚いなぁ」で済むことが多いですが、山

 の中には先住動物や鳥が多く住んでいます。

 山の中で出るゴミと言うのは、自分が飲んだり食べたりしたものですね。

 使用済みのティッシュなども良く落ちていますが・・・

 食べ物の匂いが付いていると、動物が寄って来て口にします。

 海洋生物がビニールなどを飲み込んで死んでしまうと言うのは、良くニュースで見掛けますね

 それと同じことが山の中でも起こってしまいます。

 また人間の食べ物の味を覚えた動物は、人里へ降りてきて家や畑を荒らすようになります。

 さらに、山ではお湯さえも捨ててはいけないと言うルールがあります。

 お湯でもお茶でも食べものでも、それら全ては元々は山の中に無いものですね。

 そういった物の影響で、土の中の微生物が死んでしまったり、植物の生きる環境が変わってしま

 うのです。

 環境が変わると、そこに生きていたものは死んでしまったり、その山を離れて別の山へ行ってし

 まいます。

 動植物の連鎖が上手く回っているから自然が保たれている訳で、連鎖がどこかで途切れると山は

 死んでしまいます。

  飴の紙1枚。コーヒーを作った時に残った少量のお湯。山頂でのご飯や行動中に食べたものの

  欠片なども、全て持ち帰りましょう。

花や植物・木を傷つけない

   綺麗な花を見たら自分の庭に植えたくなって持ち帰った。

   この木は、枝1本位取っても問題ないでしょう。

 こんな安易な気持ちを持ってはいけません。

 その花や草木は、その山固有のものかも知れないし、個体数が減ってしまっているものかも知れ

 ないし、人が手を着けたことで、その部分から枯れてしまうかも知れせん。

 家に持ち帰った場合、それは『外来種』と同じことになります。

 元々、そこにあった物では無いのですからで、生態系が崩れてしまいます。 

 どうか花や草木は、写真に『撮る』だけにしてください。

 また下山した時には、靴底に付いた土は登山口の近くでしっかり落としましょう。

 これも、種を運んでしまわない為というのと、動物の糞や尿には病原菌がついている

 ことが多くあるからです。

 伝染病などを広めてしまう事ににもなるので、しっかり土を落としてください。

他の登山者への配慮

 その山で、登山を楽しんでいるのは自分一人ではありません。

 すれ違う時にぶつかってしまって、滑落事故に繋がったケースも多くあります。

 私も経験があり、すれ違う時に相手が体の向きを変えた事で、ザックが私に当たりあと少しで

 登山道から落ちそうになったことがあります。

 特に団体さんは、仲間との話に夢中になって周りへの配慮が足りない事が多いです。

 他の登山者とすれ違う時は、少し広くなっている場所を探して避けましょう。

 『登り優先』という暗黙のルールもありますが、登る人は疲れている事が多いので無理に「どう

 ぞ登って来てください」と声を掛けるのは酷な事もあります。

 お互いに声を掛け合って、ゆづり合って歩くようにしましょう。

 また上の落石の所でも書きましたが、歩く時は石や枝なのを飛ばしたり落としたりしないように

 歩く配慮も必要です。

 

登山について考える

登山は「山の中を歩くだけ」という簡単な考え方で行わないでください。

動植物のことを考える必要があるし、自分の安全を考える必要もあります。

色々な危険も潜んでいるので、極端な言い方かも知れませんが『死と隣り合わせ』であることも頭

に入れておいてください。

これから登山を始めようと思っている方、すでに初めてはいるけど登山の事を良く理解していない

方などにお勧めの本があります。

それぞれをクリックすると、購入できるので是非読んで頂きたいと思います。

まとめ

  登山って、ただ山の中を歩くだけでしょう?

  若いし体力有るし、何も問題なく歩けるでしょう?

そんな風に考えている方も、どこかにはいらっしゃるかも知れません。

登山は、早く走るランニングと同等の運動量が有るスポーツです。

しかもフィールドは大自然で、スマホの電波も届かない所が多い、山の中です。

  何かが起こっても、全て自分で処理しなければなりません。

  どこの山にも山小屋がある訳ではありません。

  車も入れません。

  人気の山で無ければ、登山者とすれ違う事も少ないです。

そんなフィールドで活動する訳なので、知識も技術も筋力も健康も全てを準備して行わなければ

命を落とす可能性が高くなるスポーツです。

でも、しっかり学び準備をして行えば、素晴らしい自然を感じながら大きな達成感を味わえるス

ポーツでもあります。

これから登山を始めようと考えている方は、どうぞ学んで知識を持ってください。

全ては、安全に登山を楽しむためです。(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました