登山する時の下着は何が良い?普段の下着じゃダメな理由と選び方

アンダーウェア

登山のアンダーウェアは普段の下着じゃダメなの?

 人には中々聞けないし、みんなどんな物を着ているんだろう?

 そう考えた事は有りませんか?

 私は登山を始めて直ぐに、いつも着ている下着はダメだって感じました。

 普段着ている下着は、肌触りの良さから(アレルギーがあるので尚更)

 綿素材を選んで着ています。

 汗をかいたら、下着が上下共にビッショリになって、肌に張り付くし

 段々冷えて来て、気持ち悪かった記憶がハッキリ残っています。

 そして登山の帰りに、アウトドアショップへ寄って下着を探しました。

 でも・・・・

 全てがナイロンを使っていたんです。(><。。)

 私はナイロンアレルギーで、真っ赤になって蚯蚓腫れになってしまうのです。

 でも! もうあんなに気持ち悪い思いはしたく無いと、ネットで色々検索しました。

 アンダーウェアについては、『レイヤリング』のところで

 ベイスレイヤーについては『アンダーアーマー』をご紹介しているので

 どちらも合わせて読んで頂きたいと思います。

 そして私は登山を始めた頃に、山の中で下着が汗ビッショリになって

 とても気持ち悪かったのをハッキリ覚えています。

 

なぜ普段の下着では、ビッショリになって気持ち悪かったのか

 それは、綿素材には汗を吸う能力はあっても、放湿性や速乾性が無いからです。

下着が吸い込んだ汗を、ベースレイヤーが吸湿してさらに上のレイヤーへ吸わせる為には

下着その物に放湿性・速乾性が無ければ機能しないからです。

また普段からナイロン素材のブラやパンツを着けている人も多いかと思いますが

ナイロンに速乾性はあっても、吸汗性はポリエステルに劣ります。

だから肌についた汗を吸い取る機能は、あまり良く無いということです。

普段の夏を思い出してください。

下着の中が汗で濡れて、気持ち悪かったことは無いですか?

アンダー部分に汗が溜まったり、ストラップの所に汗疹が出来たり・・・

ナイロンは、伸縮性が良いのでスポーツ用の下着には良く使われていますが

使われている割合(%)を見ると、それほど高く無いと思います。

つまり、ナイロンを使のは伸縮性を持たせるためだけ、ということですね。

そして普段用のブラには、背中にホックがありますね。

このホック、ザックの背面で押されて痛くなる事が多いと聞いています。

私は、元々アレルギーで使えないので、聞いた話になりますが。

そう言った面でも、普段使いの下着は登山には向かないという訳なんです。

 

下着選びはベースレイヤーと同じく大事なことです。

   アンダーウェアー、ベースレイヤー・ミドルレイヤー・アウトレイヤー

   全てが連携して機能しなければ・・・どこかで詰まってしまっては、肌をドライに保つ

   ことは出来ません。

 何度も言っていますが、肌がドライに保たれなければ、体が冷えて低体温症を起こす

 危険が高くなるのです。

 これは、男性も女性も同じことです。

 

アンダーウェアに適した素材は?

 それでは、どんな素材がアンダーウェには良いのでしょうか?

モダール・・・レーヨンの一種でシルクのような滑らかさと光沢がありながら

     吸湿性と放湿性に優れているので、登山に適した素材です。

     レーヨンと似ていますが、モダールは水に強いので繰り返しの洗濯にも耐えられます

     原料は木材ですから、私の様に化学繊維にアレルギーを起こす人にもおすすめです。

メリノウール・・・速乾性はポリエステルなど化学繊維には劣るものの、吸汗性は優れていて

       汗で濡れても保温力が落ちないので、汗冷えしにくい素材です。

       また汗臭さなども防いでくれます。

ポリエステル・・・・多くのウェアに使われている素材で、吸汗速乾性にとても優れています。

ポリプロピレン   汗冷えや蒸れも無くドライに保つので登山に適している素材です。

化学繊維と天然素材を合わせたハイブリッド素材・・・化学繊維の吸汗性と速乾性

         ウールの濡れても保温性を保つ機能などの良いとこ取りした素材です。

 

登山用下着の選び方

 素材とは別に、サイズ感だったり見て置いた方が良いところなどをお伝えしますね。

男性も女性も同じですが、窮屈な物はNGです。

ゴム部分だったり、足の付け根周りだったり、アームホールだったり・・・

逆に緩すぎても、歩き続けているとズレて来てしまう事もあるのでベストサイズを選びましょう

女性の場合は、カップのサイズや形なども自分に合ったものを選びましょう。

またホックは無い物が良いでしょう。

肩紐のタイプは好みで良いと思いますが、背中の汗を吸って欲しいと言う方は

タンクトップ型をおすすめします。

女性のブラ選びで、1番注意して欲しいのはカップの素材です。

他の部分が吸汗速乾素材でも、カップ内の生地やパットが綿素材だったら・・・・

意味が無いくらいに具合が悪いです。

私が経験済です。^^;

細部まで、素材のチェックが必要と言う訳です。

男性の場合は、長く歩く事で股が擦れて痛くなって来ることもあるので、キチンと収納できる

インナーポケットが付いている物が良いですね。

男性も女性も、パンツはボクサータイプの物がおすすめです。

それは、やはり股擦れを起こさない為です。

足の付け根部分も、意外と汗を多くかくので、しっかり吸い取って肌をドライに保つために

付け根部分まで生地が有るタイプが良いと言う訳です。

足が細い方などは、あまり気にならないかと思うのでブリーフタイプでも問題は無いと思います

 

おすすめアンダーウェア

 では、実際におすすめをご紹介します。

ドライ系インナーとして、『レイヤリング』のところでご紹介した物はそちらで見て頂いて

ここでは、それ以外のものをご紹介します。

         カップ素材まで、汗抜きとドライ感を得られるので

         バストの不快感が抑えられます。

         また全体にメッシュなので、真夏でも快適に着用出来ます。

 

 

 

            女性用のショーツです。

            ブラと同素材の物で、クロッチの当て布も吸汗素材を使用しています。

            ウエストのゴム部分も、幅広で負担が分散されるようになっています。

 

 

 

            サニタリーショーツです。

            クロッチ部分は、ヒップ側にナプキンを固定できるポケットが

            付いています

            長さは30cmの長いクロッチで、大きなナプキンもしっかり

            受け止めます。

 

 

 

             残念ながら画像はありませんが、メンズボクサータイプです。

             特許技術を持つインナーポケットが、汗や擦れなどから守ります。

 

 

 

             ブリーフタイプです。

             モダール92%なので、肌触りが滑らかで化学繊維アレルギー

             の方にも使えると思います。

             サイズはLからになっていますが、体重表記を見ると50kg~

             となっているので、細身の方でも使えると思います。

 

 

 

             吸湿放湿性に優れていて、防臭効果もあります。

             海外製品なので購入する時はサイズ表記をしっかりチェック

             してください。

 

まとめ

 多くの汗をかく登山において、下着でさえもキチンと選ぶ必要性を

 判って頂けたでしょうか?

 とにかく、登山で怖いのは汗冷えです。

 レイヤリング全てを選ぶ時に、このことをしっかり思い出してください。

 たかが汗冷え、とは思わないでください。

 気温や風の強さによっては、低体温症になり最悪の場合は命を落とす事もある

 この事を、しっかり頭に入れておいてください。

 せっかく好きな登山をするのですから、楽しく行って帰って来たいですからね。(^^)

 

 

 

コメント

  1. Kei より:

    こんばんは☆
    ドキドキしちゃう(笑)
    男性ならブリーフで棉素材が良いですね。
    ナイロンのトランクスなんて最低で、肌との隙間ができる分、汗で蒸れるんです。なんで隙間ができるのかは考えなくて良いです(汗)
    それにしても今日は寒かったですね。栃木県では南部でも雪が降りました。
    北陸はもっと寒いし雪の日が多いと考えると、あらためて現地の厳しさを思いました。
    あっという間に半月近く経ちましたが、雪国であり半島の先であるがゆえに復旧が難しいようで歯がゆいですね。

    • harupy より:

      おはようございます。
      (^^)下着に関しては、ちょっと考えたんですけど
      かなり多くの人が、どうなの?って検索しているようなので
      取り上げてみました。

      主人は、やっぱり登山をする時にはスポーツ用の速乾性の物を着けています。
      それでも急登を歩いている時など、ズボンまで染み出る程に汗ビッショリ。
      でも山頂で休んでいる間には乾いてしまいます。

      登山を始めた頃は、綿の下着を着けていましたが
      下山してもビッショリで、車に座るのにタオルを敷いていたほどでした。

      この位、差があるものだと言う事をご理解頂ければ
      あとは、山行にもよるので(急登・長時間・長距離・標高が高い・低い 等)で
      変わって来ますので、気持ち悪い物を着けて我慢して歩くよりは
      好みの物でストレス無く歩く方がずっと良いかと思います。(^^)

      ちょっと気になったのが、ナイロンの物は肌に隙間が出来るという事です。
      ストレッチ性のあるスポーツ用でしたら、そういう事は無いかと思うのですが。。。
      スポーツ用だとナイロン100%は無かったというように記憶しています。(^^;)

      なにはともあれ、『自分が快適で冷えないこと』
      これが1番ですから。(^^)

      昨日の13日は、東京でも雪が降り、とても寒かったです。
      被災地の方々が心配ですね。

タイトルとURLをコピーしました