日帰り登山で東京都あきる野市の刈寄山へ行って来ました。

刈寄山

 

 

 

刈寄山へのアクセス

 JR五日市線の最終駅、武蔵五日市駅で下車。

 バスに乗り換えて6分ほどの『今熊山登山口』バス停で下車。

 今熊神社遥拝殿へ向かいます。

 

 

 

戸倉三山の1つ

 八王子市とあきる野市にまたがる山域で

 刈寄山  臼杵山  市道山 を合わせて 戸倉三山と呼ばれています。

 戸倉三山を縦走して、八王子市の、ゆうやけこやけの里まで行くことが出来ます。

 健脚で足が速い人だったら、さらに陣馬山へ登り高尾山から降りる事も出来るかも(??)

 

 

今熊神社遥拝殿からスタート

  ここには広い駐車場があり、トイレもあります。

  トイレは水洗なので、冬季は閉鎖されていたような記憶があります。

 

無料駐車場  左奥がトイレです。
いきなりの急登なので、準備運動をしっかり行いましょう。

 今熊山=今熊神社 までは、2か所の展望台のような広い場所を除いて

 急登が続きます。

 歩き始める前に、ストレッチや体を温める準備運動もしておいた方が良いですね。

 

 最初の展望台みたいな所からは、青梅市の御岳山が良く見えました。

 

 

初めは石段。登って行くとこんな所も

ここを登りきると、今熊山園地という広い場所があります。

そこにはトイレがあるのですが、冬季閉鎖が有るかどうかまでは

使った事が無いので不明です。

 

この場所は展望が良いので、急登の疲れを癒すのに良いでしょう。(^^)

 

山の真ん中に見えるのは日の出町にあるゴミ処分場
電線の間に陸橋が見えるのがJR五日市線で写真中央辺りが武蔵五日市駅です。処分場が見える山の後ろに
霞んで見えるのは、青梅丘陵ハイキングコースだと思います。

ココには、綺麗に黄葉した木がありました。

まだ枯れて無くて綺麗でしたよ。

大きな木で綺麗でした。

 

 

 

今熊神社入り口に着きました

 

右の階段を登れば、今熊山の山頂と今熊神社があります。

私は、このコースを7~8回歩いているので、今回は今熊山をスルーしました。^^;

 

ここまでキツイ登りでしたが、この先は少しの間ほぼ平坦な道です。

  楽な道です。

 

 

 

          この道標を見たら、左側から上がって見てください。

          展望が良いんですよ。

         左から上へ

この3つしか山座同定が出来ません ^^;

そして、このフェンス沿いには登山道があります。

道標は無いのですが、しっかりした道で、地図上の道と並行していて直ぐ先で合流します。

 

 

このコースで1番見晴らしが良い場所

 見晴らしが良い場所へ出る前の登山道は、狭いので要注意です。

 特に落葉が多い時期は、道の端がどこかも分からないので極力山側を歩きましょう。

 

 

 樹林帯を抜けると、目の前がパ~ッと開けます。

 昔、山火事があったようで黒焦げになった木が立ってましたが
 いつの間にか伐採されて新しい木が植えられていました。

 

ここの下りは急なので、足を滑らせないように注意が必要です。

そして降りてから振り返ると

赤丸が後ろの樹林帯から出て来た場所です。
かなり傾斜がキツイことが判ると思います。

 

 

この斜面には昔、火事で焼けたと思われる下の方が真っ黒になって木々が

立ち並んでいて展望も無かったです。

いつなのかは分かりませんが、それらを全て伐採して、新しく木が植えられています。

これらの木が成長したら、また展望が悪くなってしまうので今の内が良いところですね。

 

 

この道からは、丹沢の山々が見えましたよ。

山座同定が出来たのは、独立峰で形の良い大山だけですけど。^^;

 

少し霞んでいるけど良い眺め。

 

 

ここからは、また樹林帯に入っての急登です。

 既にかなり疲れていた私には、キツかったですねぇ。

   ほぼ直登💦

 

 

そして、この階段が見えたら、山頂は目の前です。

  段差が大きいからキツイ階段

 

 

 

   階段を登り切った所から撮影開始しました。

 

 

山頂からの展望は、残念な感じです。

この時期は落葉しているから、まだ少しは見えるけど夏は殆ど見えません。

 

出発が10:44で山頂に着いたのが12:50でした。

途中休憩は無しで、写真を撮るために止まっただけです。

約2時間ということで、ほぼコースタイムで登れました。

 

広い山頂で、長いベンチが5個と、ちょっと外れた所に東屋もあります。

東屋の中は、老朽化が進んでいますが、ベンチも付いています。

 

 

お昼ご飯は冷凍チャーハン

 写真を撮るの、忘れちゃいました。^^;

 

最近のお気に入りです。

保冷バックに保冷剤と共に入れて持って行きます。

高山でも寒い時でも使えるバーナーは、火力が強いので数分炒めるだけで出来上がり。

 

出来立てで熱々のチャーハンは、とても美味しいです。

私達のお気に入りは『ザ・チャーハン』

少し油っぽいのですが、だからフライパンに焦げ付き難く油を敷かなくても作れます。

そしてお肉が大きくてゴロゴロ入ってます。

味は、ちょっと濃い目でしょっぱく感じるけど、汗をかいたので塩分補給も出来て良いです。

 

 

今回は分けて食べる茶碗を持って行くのを忘れちゃったので

半分作って2人で食べてから、残りの半分を作って・・・という形になっちゃったけど

これだったら、冷める事無く温かい内に食べれるから、この方が良いかなぁ?っとも

思いましたね。

 

 

ご飯を作ると、どうしても山頂に居る時間が長くなりますね。

50分も山頂にいて、13:40に下山を開始しました。

 

 

下山は、いつも早い私

 登りは筋力が無いからヒーヒー言いながらゆっくりなのですが

 下山は、主人からも「早いなぁ」って言われます。

 

 

前に一緒に登ったお友達からは「ルート取りが上手いね」って言われました。(^^)

動体視力が良い私は、下りながらも次にどこに足を置いて、どうやって降りるかを

瞬時に判断していきます。

 

木の根っこ道は、中々そういう訳にはいかないのですが、岩がポンポンとある道は

岩の上をトントンと歩いて行けちゃいます。

段差がある所では、真っ直ぐに降りずに横の斜面に足をかけて、ワンバウンドしてから

降りるなどもしているので、段差で止まることなくスムーズに移動が出来ます。

 

それから急な下りでは、あまり太ももに力を入れてブレーキを掛けると、直ぐに筋肉が

疲れてしまって、その影響で膝が痛くなってしまうので、無理にブレーキを掛けないで

小走りで落ちるに任せるように進んで行きます。

こういう『歩き方』もあるんですよ。

でもこれは、かなり危険を伴うので、初心者はやらないでくださいね ^^;

 

登山道への足の置き方や歩き方を、完全にマスターしてからね。(^^)

 

だから、タイムとしては早くなるんですよね。

でも、ルート取りも小走りで下るのも、全て過去の経験が有るからこそ出来ることです。

そして基本的な体制はきちんと守ります。

 

ストックで歩行をサポート』の所にアップしてあるYouTube動画は

何度も何度も見て頭に叩き込んで、山では実践して体でも覚えていってくださいね。

 

若い方ほど、どんな歩き方をしても、短いコースならダメージは無いと思いますが

長距離を歩くようになったり、森林限界の高山を歩くようになると絶対にこの基本が

必要になります。

 

歩き方は、それだけ重要なことなんです。

疲れないし、ちゃんと歩けてるから、別にどんな歩き方でも良いじゃん、めんどくせぇ

 

な~んて言わないでくださいね。

どんなスポーツにも、基本の動き方があるように登山にも基本はあるのですから。

それを知らないと、いつか怪我したり事故をおこしたり遭難に繋がってしまうのです。

 

 

 

無事に下山しました。

 途中で、右膝の横が痛くなってきたのですが、攣る事は無くストックを使うほどの

 強い痛みが出る事も無く下山できました。

 時間は、15:15でした。

 

下山は1時間35分でしたね。

コースタイムより、ちょっとだけ早いかなぁ?

 

 

コースタイムとは

 登山地図にはコースタイムが書かれています。

 このコースタイムって、何を基準に決められているのでしょうか?

 

地図の種類や出版社やガイドブックを書いた人によって、同じ山でも様々な

コースタイムが書かれています。

 

『山と高原地図』では

 40~50代の登山経験者、2~5人のパーティー、夏山の晴天時 

 を基準にしています。

 

 

ガイドブックによっても違いがある

 ガイドブックに載せるコースを実際に歩いてみた時間と、登山に不慣れな人が

 スムーズに歩けないような場所では、時間を多めにとるなどとして考えられた

 時間を記載しているからです。

 

 私がSNSでお友達登録していて、過去にイベントでもご一緒していただいた

 石丸哲也さんのガイドブックのコースタイムは、他の物と比べると少し厳しいと

 感じます。^^;

 厳しいというのは、他の地図やガイドブックより、コースタイムが短く書かれている

 ということです。(この時間じゃ歩けないなぁって思ったり)

 

 石丸さんは今や高齢ですが、海外の名だたる山を歩いて来た山やです。

 なので当然ですが、歩き方が上手くてスムーズに歩けるから、そこを考慮しても

 短くなって短くなっちゃうのかなぁ? と私は考察します。 (^^)

 

 

コースタイムに関しては、『地図』のところで詳しく書きますので、そちらを参考に

して頂ければと思います。

 

 

 

まとめ

JR五日市線の武蔵五日市駅から出ているバスは、本数が少ないので

しっかりチェックしておいてくださいね。

またJR五日市線自体も、中央線などと比べると本数は少ないです。

 

数人で歩く場合は、タクシーを使うのも良いかと思います。

帰りは「〇時頃にこの鳥居の所まで来てください」と予約しておくのも良いでしょう。

 

夏には暑くて辛い低山なので、これからの寒い季節に楽しみましょう! (^^)/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました